稼げる投信選べますか?最もオススメできる投信を厳選しました

button4
ranking-48-15[1]人気1位のマネックス資産設計ファンド育成型ranking-48a-16[1]投資信託のSBI資産設計オープン(資産成長型)ranking-48a-17[1] セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド

株式投資信託をやれば、初心者でも
毎年100万円を106万円にすることができます。

「少ないじゃん・・」
って思ってる方もいるかと思います。
でも、本当に安全で優良な投資信託はそんなものです。

「資産運用はすべて投資信託でOK!」
なんて言いません。

投資信託を利用すべきタイミングがあります。

当サイトでは、株式投資信託を初心者でも理解&誰でもお金を増やし続けられるように書いてます。

とにかく安全に、より確実に
お金を増やし続けるためのおすすめ投信の買い方&選び方&方法を徹底解説してます。

<実践!積立投資術!>
本当に役立つ積立投資のやりかた
主要投資信託の資産配分ポートフォリオまとめ

これから投資信託を始める人へ

投資信託とはプロにお金を預けて運用してもらい、増やしてもらうこと

銀行などで見かける投資信託関連のポスター。高い利率に興味を引く場合もありますよね。
でも名前は知っていても、詳しくわからないしなんだか怖いイメージ、そんな経験ありませんか?
投資信託は、色々な物に投資をしている数多くグループに対し、自分の資金を信用して預ける=投資する事で代わりに投資グループが運用を行い、プラスになったりマイナスになったりする金融商品なんです。

投資信託はファンドとも呼ばれ、様々な投資先へ投資を行うグループがあり、不動産を重要視するグループや、株式を重要視するグループ、為替をメインに取り扱うグループと色々なファンドが存在します。
その様々な目的に合わせたファンドは商品として売り出され銀行や証券会社で購入できる様になっているのが、投資信託と呼ばれるものです。

投資ファンドから見れば、自分の商品となるファンドを購入してくれた人は言わば出資者となる訳なので、投資で成功し得たお金を出資金の比率に応じ、ファンド側は配分する事で商品の価値は上がるわけです。

その投資が成功し、大きな配分がある場合は投資ファンドの商品価値はどんどん上がり、自分が購入した時よりも購入金額が高くなれば売却して利益を得られるほか、逆に投資が失敗すれば、購入した投資商品の価値は下がるので元本割れを起こします。

手軽に始める投資でもよく言われる投資信託とは、出資者となるファンド購入者から、お金だけを預かり投資を全く知らない初心者さんの代わりに運用を行うので、まかせっきりという利点があります。

その逆に元本割れを起こす場合もあるので投資商品を探す際は念入りな情報収集も必要となります。

投資信託は株取引初心者の人に特におすすめ

株取引のプロに運用を任せるので、投資をしてみたいけど買うタイミングや売るタイミングがわからないと人に投資信託はピッタリです。

株式投資になるとある程度の会社の株を買おうと思うと高額投資が必要になりますが、投資信託は10000円くらいから投資可能ですので、株式投資に比べて少額から始められます。月々1000円から積み立てをして投資信託を購入する投信積立というものもあります。

投資の基本は分散投資です。投資信託なら少額でも分散投資が可能になります。1つだけの企業の株式を買っていると業績が悪化したり、倒産したりすると大きな損失になりますが、複数の銘柄に投資していれば、1つの企業の株価が下がっていても、他のの企業でカバーすることができるという考えです。

これを個人で株式投資をしようと思うと、いくつも株を買う必要があり元でもかかります。投資信託だと色々な投資家から資金を集めて運用していますので、1つの投資信託を購入することで、色々な銘柄に投資ができているのと一緒になります。

しかし、投資信託にはメリットだけではありません。デメリットとしては、プロに任せるということなの費用が発生することです。

株取引なら売買手数料がかかるだけなのですが、投資信託は保有している間はずっと信託報酬を負担しなければなりません。さらに元本保証がされていないという注意点が必要です。

投資信託はプロが運用しますが、投資ですので損をすることを忘れてはいけません。

なぜ今投資信託なのか?

自分のお金に世界で働いてもらう

今の日本は経済大国でアジアの中でも世界においても上位に位置する発展を遂げていると思ったら大間違いです。当然ですが、GDPは中国に抜かれて数年経っています。

アジア圏内でも発展と言うよりは熟成期になっています。その様な日本で今までの様に経済発展は難しいと考えます。

若者の人口の比率も低下し、消費しない若者が増えたと言われて言う日本で、今までの様に貯金だけでやりくりをするには将来にいささかの不安があります。
その為にも投資は今後日本で生きる上では不可欠になると考えます。アメリカでは小学生の頃から株等の投資に関しての授業があります。しかし、日本では投資やお金に関しての知識は実社会にでて個人で習得するしかありません。

仕事をバリバリ出来る若いうちから本来なら、お金についての知識を深める必要があります。そこで始めに手を付けてほしいのは投資信託です。

投資信託には多くの種類のファンドがあります。実際に自分がいかなくても自分のお金を介してこれから伸びる他の国で働く事が出来るのです。又、お金に語学は必要ありません。お金を託す事で自分は日本で仕事をしながら、お金は他の国で経済発展を担ってくれるのです。

その利益は大概、1年や2年という直ぐには出ません。ゆっくりでも確実に国が繁栄する事の方が望ましいからです。当然資産が目減りするリスクはありますが、大きくなって帰ってくる期待もあります。

そこで重要になるのが、お金が大きくなって帰ってこられる様に、投資先をしっかり吟味して選択する事です。また、必要あらばそのファンドの見直しをする事で効率的に資産を増やす事が可能になります。
自分のお金に働いてもらう簡易な方法の一つに投資信託があります。

本気で投資信託で稼ぎたいなら

本気で投資信託で稼ぎたいならランキング情報サイトやネット証券の初心者向け動画セミナーなどで勉強することもとても大事ですがそれ以上に役立つのが投資の書籍です。

投資信託のメリットやデメリット、活用法など詳しく載っているのでとてもためになります。

複利のすごさを知ることが投資で成功する秘訣の1つだと思っています。
安易な投資信託ランキングに騙されてもいけません。

是非皆さんの納得のいく最高の積立投資信託を買ってください。

当サイトで紹介している具体的なおすすめの投資信託名はあくまで優良な投信の1つで、他にもまだまだ稼げる投資信託はたくさんあります。

ランキングや人に頼らないで、選び方を学び、自分自身で探し出せるくらいまでになるとこれからの投資時代、必ず武器になるでしょう。

公開日:
最終更新日:2016/10/30