投資信託の上手な売買法とは

   

投資信託は購入する場合、そのタイミングに悩みます。日々値動きをしていますので自分のタイミングで購入するのも良いですし、忙しくて分からないという場合には定期購入といって毎月自分で定めた1日に一定額を買いつける方法もあります。

株式のようにリアルタイムな取引ができませんので、日経平均株価が落ちた日を狙って、といったピンポイントな売買は難しいのですがこれはメリットでもあります。株式の場合にはリアルタイムな分感情に左右されやすく、値動きに合わせて売買することで利益を伸ばすことができません。ですが投資信託の場合は一時の値動きで売買することはできませんので、無駄な売買を減らすことも出来ます。また株式のような急激な価格変動がないので、一時的に損失が出ていたとしても精神的ストレスも小さくて済むものです。

投資信託で利益を出すためには一括でまとめて購入するよりも、ドルコスト平均で、毎月少しずつ買うことで損失を小さく利益を大きくできる可能性があります。

売買がリアルタイムではない分冷静に考えて売買することが出来ますし、感情的になりやすい人ほどおすすめの投資法です。ボーナス時に増額して積み立てをするのも悪くはありませんが、ボーナスは余裕資金としてストックしておいて、株価暴落時に思い切ってスポット買いをすることで平均価格を下げることが出来ます。

短期で売買するのではなくあくまでも長期目線で売買することで、利益をうまく伸ばしていくことも出来ます。売るタイミングも、何年経ったら、リタイアしたら、日経平均株価が2万円越えたらなど自分の中であらかじめ決めておくと迷いがなくなりますね。

 - 基礎知識