外貨MMFとFXの税金

   

外貨MMFとFXの税金

外貨MMFとFXの税金について、両者を比較しながら、確認していきます。

(外貨MMFの税金)
外貨MMFに関しては、毎月の分配金と為替の変動による為替差益が得られる可能性があります。
現状では、毎月の分配金には20.315%の税金がかかりますが、為替差益は非課税となっています。
ただし、2016年には、為替差益の非課税制度が終了してしまいます。
したがって、外貨MMFを保有していて、為替差益が出ている人は、
2015年末までに、売却してしまうというやりかたもあります。

(FXのスワップポイントの税金)

FXで為替差益が発生すると、20.315%の税金がかかります。
これに対して現状では外貨MMFの場合、為替差益の非課税制度があるので外貨MMFのほうがおトクであるといえます。

ただし、2016年には、この制度が終了するのでどちらにおいても差がなくなるといえます。
ここでは、為替差益以外に外貨MMFでは得られないFXのスワップポイントと税金について確認していきます。

スワップポイントとは、国ごとの通貨の金利差を利用して、金利の高い通貨を買うことで差額の金利により得られるものをいいます。

このスワップポイントも税金の課税対象になります。
スワップポイントの決済方法は、決済時に口座に反映される方法と、毎日、口座に反映される方法の2つがあります。

決済時に口座に反映される場合は、決済した年に、雑所得という所得が発生します。
毎日、口座に反映される場合は、その年の年間のスワップポイントの合計金額が雑所得として発生します。

そして、どちらの方法を選択するかによって、課税される金額とタイミングが違ってくるといえます。

毎日、スワップポイントを受け取る必要がない場合は、決済時に口座に反映される場合を選択したほうがいいといえます。

なぜなら、為替差損が発生した年に決済すれば、雑所得を少なくすることが出来るからです。

また、スワップポイントが年間で20万円以下であれば、毎日、口座に反映される場合を選択するほうがいいといえます。

なぜなら、サラリーマンの場合、給与所得以外の所得が20万円以下の場合、確定申告が不要になるからです。

したがって、年間のスワップポイントの金額と為替の変動を見込んで、決済時に口座に反映させるのか、

毎日、口座に反映されるのかを選択するべきといえます。

また、FXの場合、確定申告を行うと、損益通算ができるというメリットもあります。

例えば、店頭のFX取引で100万円の利益が出ていて、他の日経平均225などの先物取引で、
△50万円の損失が発生する場合に、100万円?50万円=50万円の雑所得で申告が出来ます。

 - FX