どうやって利用するFX業者を決めればいいか?

   

どうやって利用するFX業者を決めればいいか?

 

FX投資法は人により様々です。
短期で売買を繰り返してすぐに決済をするのもFXの楽しみ方の1つです。

しかし、私が推奨するのは長期投資です。
当サイトで一貫して主張している投資信託の運用スタンスと一緒ということです。

では長期投資を念頭に置いた場合、FX業者をどのようにして選べばよいのでしょうか?をこのページではご紹介しますね。

1)手数料やスワップ金利がやすいところを選ばなくてよい

売り買いのたびに利用者の負担になる売買手数料は長期投資(売買を頻繁にしない)ではあまり問題になりません。

また、もう1つの手数料であるスプレッドも売買のときに関係するものなので、
気にする必要はありません。
手数料より、会社自体の財務が健全であるかのほうがはるかに重要です。

2)長く続いているFX会社を選ぶことがなにより重要
FXがブームだった2006年~2010年あたりは規制も緩く、様々なFX業者が存在していたのですが、経営難から倒産に追い込まれた業者がたくさんあります。

私もマイナーなFX業者でFXをやっており、いきなり倒産され、預けた資産の行方がわからなくなったことがあります。

現在では金融庁に登録されていないと業務運営できないようになっていますのでそこまで心配することはありません。

優良なFX業者もずいぶんと絞り込まれてきた感がありますので、
当サイトで紹介しているものから選べば、信頼性という面で全く問題ありません。

【信頼できる業者はこうやって見極める!】
・金融庁に登録されているか
・業務改善命令を過去に受けているか
・いつから営業開始しているか
・総口座数はいくつか

3)スワップポイントが高い業者を選ぶ

数あるFX業者の間でも毎日得られるスワップポイントは異なります。無論、スワップが安いところよりも沢山もらえるところのほうが良いです。

たとえば、A業者では100円のスワップ、B業者は95円だとすると微々たる差と感じますが、そもそも長期投資を念頭にしているので1年保有を続けた場合は1825円の差がでてきます。

10倍の1000円と950円だと18250円という大きな差になってきます。
ここで私が言いたいのは業者間で異なるスワップ金利は微々たる差であっても高いほうを選ぶべきだということです。

 - FX