銀行預金比率を下げよう!

   

銀行預金比率を下げよう!

私は銀行預金にお金を預けるくらいなら、
多少お金が減る覚悟で資産運用をします

投資をしていると感じることですが、時はカネなりです。

預金は何年たってもほぼ増えません。

一方で株や投信などの資産運用すれば、
減るかもしれませんが、増える確率も高いです。

ほぼ増えないことが決まっているものにお金を預けるより、
増える可能性があるものにお金を託すほうが良いに決まっていると思ってます。

お金はまわすもの(運用するもの)です。
常に増える可能性のある場所にお金を投下する。
この考え方が非常に重要です。

預金大好きな人、あるいは超安全志向の人は100万円持ってて100万円貯金するでしょうね。

私なら20万貯金して、80万は資産運用にまわします。
せっかく増える可能性のある運用先があるのに、預金していることがもったいなくてしょうがないんですよ。何がもったいないか?っていうと、「時間」ですね。

資産運用では時間がお金を増やしてくれるという考え方をします。
なので、預金している時間がもったいないということになるワケです。

1000万円も貯金してる人がいたとしたら、
何でもっとお金が増えるであろう債券投資などをしないのか・・・
って思うでしょうね。

お金は貯めるものじゃなくて、
どんどんその元手で増やしていくものです。

預金してる人はその時間がもったいないと肝に銘じておきましょう!

誤解しないでほしんですが、
私は一方的に預金反対してるわけじゃなくて、
あなたの持っている全資産における預金割合を気にしてるんです。

100万持っててそのうち80万が預金なんてのはあまりに安定志向すぎやしないか?ってこと。
国の年金やら社会保障の将来が暗い今、
積極的にお金を増やすスタンスでいないといけません

預金比率は年齢によっても変える必要がある

若いときはまだ冒険ができます。

たとえ、投資で失敗したとしても取り戻しが利くので、
できるだけ積極的に投資比率を高めるようにしましょう。

結婚して子供がある方は、財布の中身と相談しながら、が良いですね。
でもそういう人でも毎月2万円ほど投資信託の自動積立をやっていってほしいところです。

あなたがまだ20代で独身なら思い切って・・・
投資割合・・・・8割  貯金割合・・・・2割

これでやっていってはいかがでしょうか。

失敗するにしても若いうちから資産運用の経験を積めるのは今後のためになります。

 - 基礎知識