分配金を同じ投資信託に再投資するには

   

分配金を同じ投資信託に再投資するには

投資信託は、収益を投資家に還元する分配という制度が有ります。
それでその分配で貰えるお金を分配金といいます。

分配金が出るのはその投資信託の運用成績が良いということでして、運用成績が良い投資信託なら分配金でその投資信託を購入する、いわゆる再投資をしたい人もいると思います。

ただ投資信託は最低1万円からの購入だから、分配金が1万円を下回れば新たに投資信託を購入出来ないということです。しかし分配金の再投資は可能です。

証券会社は投資信託の分配金には分配金受け取りコースと分配金再投資コースを設けていまして、この時分配金再投資コースを選べば分配金を自動的に再投資してくれます。
ただ再投資の日を設定出来なくて、分配金が出た日の基準価額で再投資になります。

さらに分配金再投資の場合は、購入時に手数料を取られる投資信託でも再投資の場合は手数料を取られません。手数料を取られませんから、全額分配金を投資信託の再投資に充てれます。

しかし分配金の一部だけ再投資ということは出来ませんから、一部だけ再投資をしたいなら、購入時に分配金の額に合わせて、分配金受け取りコースと分配再投資コースの二つに分けて投資信託を購入することです。

この時再投資をするくらいなら分配金を出さない投資信託を購入すればいいと考えますが、金融庁が儲かっているならば分配金を出すように指導していますから、どんな投資信託も分配金を出せるような状態になれば、分配金を出さなければいけなくて、
絶対に分配金を出さない投資信託は無いです。

それで分配金を貰いたくない場合は出来るだけ分配金を出さないようにしている投資信託か出しても少額の分配金しか出さない投資信託を選ぶことです。

参考URL:http://www.nam.co.jp/seminar/rescue/operation/dividends/b11.html

 - コラム