不動産投資と不動産投資信託との違い

   

不動産投資と不動産投資信託との違い

個人で不動産投資をする時、まずアパートやマンションを買って家賃収入を得ることを考えます。当然それらの物件は少額の資金では始められません。

だから人によっては銀行から融資を受けて物件を取得します。
ただ物件を取得しても今度は入居者を確保しなければならないです。

この入居者を確保するのが大変だから、不動産屋は自分でマンション経営やアパート経営をしないで、物件を販売して利益を得ようとします。

この難しい不動産投資を個人でも手軽に出来るのがREITという不動産上場投資信託です。

REITは上場ですから市場で買える投資信託でして、価格も市場が決めます。
ただ仕組みは不動産投資ですが、不動産投資のメリットである物件を担保に銀行から融資を受けることは出来ません。

だからすべて自己資金で購入資金を賄う必要が有ります。
ただ信用取引の対象ですから、信用取引で買うことは出来ます。

だけど信用取引は証拠金取引ですから、
REITが下がると追証が発生して追加証拠金を差し入れなければならなくなります。

そして不動産投資のメリットである節税も使えません。
ただ配当を貰い続けるだけです。しかしメリットとして、市場ですぐに売却出来ますから、不動産より現金化は早いです。

投資額も少なくて済みますし、すぐ売却出来ますから値上がり益を得やすいです。

ただREITは普通の投資信託と違って会社型なので倒産というリスクが有り、
不況で実際に倒産したREITも有ります。

だからREITを購入する場合は、倒産リスクが無いかを調べて購入することをお勧めします。

 - 未分類