毎月分配型投資信託を買っちゃいけない理由

      2016/03/18

×毎月分配型の投資信託とは、毎月分配金がもらえる投信のことです。
毎月ではなく、2~3か月に1度分配金支給のファンドもあります。

一番有名な毎月分配型の投資信託は、
国際投資信託投資顧問の「グローバル・ソブリン・オープン」(グロソブ)です。

あらゆるところで宣伝されまくった結果、
今では純資産残高が1.3兆円にまでなりました。

そのほかにも、
フィデリティ投信の「フィデリティ・USハイ・イールド・ファンド」
野村アセットマネジメントの「ドイチェ・高配当インフラ関連株投信毎月分配型」

といったグロソブを超える純資産残高を誇る毎月分配型もありますが、
一番知られているのがグロソブなのです。

こんなに購入者が多いグロソブですが、投資信託のことをしっかり理解している人というか、専門家はのきなみ毎月分配型を否定しています。
もちろん私も反対派です。

こんなにたくさん買われている投資信託がなぜ買ってはいけない投信なのでしょうか?

それはズバリ、毎月分配型は長期投資の真骨頂である複利効果を実践していないからです。複利と単利についてはコチラ

【分配金投信を買ってはいけない理由は3つ】

運用実績が悪いのに分配金利回りを高く設定している
毎月分配型投資信託は実はハイリスク商品
③分配金を受け取ることは資産効率が悪い分配型の特徴についてはコチラ

 - 未分類