資産管理アプリで一瞬で家計把握しましょう

   

資産管理アプリで一瞬で家計把握するのが大事

無料のマネーフォワードで買った投信を全把握!

マネーフォワードとは、
家計簿を自動的に作るweb上のサービスことをいいます。

自分で家計簿をつけるのは、なかなか面倒な作業です。
しかも、普通の家計簿は、現金収支のみを記録するものです。

マネーフォワードは銀行登録が可能で、
クレジットカード会社との連携もされているので、
現金の収支のみならず、銀行からの自動引き落としや、
クレジットカード会社の引き落としの流れが掴みやすいという特徴を持っています。

銀行登録は、webログインの情報を入力すれば可能です。
大抵の都銀とネット銀行が登録可能となっています。

クレジットカード会社に関しては、
引き落とし情報のみならず、
クレジットカードの使用のつど、情報を収集してくれるというサービスもあります。

通常の現金の収支管理も非常に優れているといえます。
現金の支出管理を行うには、
レシートをとっておく必要があります。

このレシートをスキャンして、
記録できるiPhoneのアプリがあります

このアプリをReceRecoといいます。

このアプリはレシートを撮影してその場で、
現金の支出を管理してしまうというアプリ
です。

マネーフォワードは、このReceRecと連携しています

つまり、レシートをとっておいて、
それをもとに現金の支出の管理をする
という作業の手間が省けてしまう
のです。

さらに、お財布という機能もあり、
ATMから2万円を引き出すと、マネーフォワードの登録したお財布の残高が2万円増え、買い物をして5,000円を使うと、マネーフォワードの登録したお財布の残高も5,000円減少します。

つまり、
銀行預金と手持ちの現金が連携しているといえます。

マネーフォワードはトータル的に
家計管理をしてくれる優れたツールであるといえます。

(資産管理)
また最近では、株の取引や投資信託の取引を行う人が増えています。
そのような取引に関しても、
マネーフォワードは、証券会社と連携しているので、
残高などの管理も行ってくれます

預金、株式、投信の保有割合も見れます。
今は投資にお金を回すべきタイミングと思えば、
この割合を見て資産割合をシフトチェンジすればよいのです。

もちろん買った投資信託の資産内容も
一覧になって表示されるので、
管理が非常に楽になります

まさにこれがマネーフォワード登録の狙いです。

(↓実際のマネーフォワードの画面)

この家計管理と資産管理のサービスは、
基本的に無料で受けられます。

これが人気の秘訣といえます。
ただし、web上のサービスなので、
データのバックアップが不十分であるというデメリットもあります。

このデメリットをサポートするサービスとして、
月500円の有料のプレミアムサービスというのもあります。
有料サービスは特に必要ないでしょう。

また、株の取引などで、
給与所得者が20万円以上の収入があった場合、
確定申告が必要になります。

マネーフォワードのシリーズで、
MFクラウド会計というサービスがあります。

これもマネーフォワード同じ仕組みで、
確定申告に対応しているサービスです。

このマネーフォワードを活用して、
日々の家計管理と資産管理を行ってみてほしいです。

マネーフォワード無料登録 https://moneyforward.com/
(1分で登録完了のお気軽本格アプリ)

 - 未分類