アジアオセアニア地域を対象にしてる優良投資信託とは

      2016/03/17

注目のオセアニア、東アジア市場の投資信託

worldmapアジア・オセアニア地域といえば今、一番ホットな地域といっても過言ではありません。
この地域の特徴をまとめていきたいと思います。

オセアニア

オセアニアと言っても、主要な国はオーストラリアとニュージーランドくらいしかありません。

ほかにも島国等、存在はしますが資本市場が未発達のために株式市場や通貨市場等などが未整備で資本市場を使っての投資はままなりません。

戦後のイラクのように、投資のために欧米人が大挙しておしかけそれに投資をするようなスタイルでなければ投資はできないと思います。

株式や通貨などの資本市場の主にはオーストラリア、ニュージーランドになります。
この二カ国の大きな特徴は金利が高いにつきます。
通貨市場ではこの二カ国は高金利通貨として扱われます。

しかし、そのようになぜ、金利が高い背景を考えていくと、過去にオーストラリアはデフォルトを起こし、ニュージーランドはIMFの管理下に入ったことがあります。

このような背景をもとに自国でのファイナンスが間に合わず、他国の投資を求めるために金利を高く設定する傾向があるので日本にいると無金利が常識になりますので、金利が高いということで日本人には人気の投資先になります。

最近は自国でのファイナンスは足りているのですが、アメリカ経済が振るわなかったことによって経済発展を遂げた側面がありますので、現在、このようなアメリカ経済の状況では下振れするリスクがあります。

東アジアは世界で一番ホットな地域

東アジアというと、年配の世代には東南アジアというのではないの?と聞かれることがあります。

しかし、アメリカの東アジア重視戦略という言葉が先行して、東アジアという言葉が浸透をしてきました。

この地域は基本的には世界で貧困率がナンバー1なのでより一層の発展が見込めるという点が魅力なのです。

世界で一番、発展の可能性を秘めているのはアフリカではないの?と思う方もいらっしゃると思いますが、実はアフリカの貧困率は東アジアよりはましなのです。

このような状況ですので、かつての日本や中国のように工業化したときの成長は過去の歴史をみても異常な発展を遂げるということが注目を浴びている理由になります。

みなさんも、オセアニア、東アジア等のファンドなどの購入をお考えになったらいかがでしょうか。

 - 基礎知識