株式運用型投資信託はハイリスク投資信託

   

リスクを背負う覚悟があるならオススメです

投資信託は運用会社が投資者から委託されたお金を運用して投資家に分配するということを目的にファンドを組織する投資方法です。

個人的に株式や国債を買うこともできますがかなりの経済や投資知識をもってないとなかなか利益を出すことができません。しかも個人ですと資産(お金)量も限りがあり大きな取引ができないのです。

そこでファンド会社はみんなの資産を集め大きな取引で巨額な利益をあげるのです。今回紹介するのはハイリスクハイリターンの投資信託を紹介します。

それは、「株式運用型投資信託」です。配当金はほとんどありません。

しかしこの投資信託の魅力は評価額の増減が大きいことです。良い意味で言うと「株価が上がれば利益が出る」ので評価額が上がります。悪い点は「株価が下がれば損失が出る」ので評価額が下がります。

このようなファンドは株式と同じで「安い時に買い、高いところで売る」が基本です。もちろんリスクは高いです。その代わりハイリターンです。うまく波に乗れたらかなりの利益を望めます。

このような投資信託はある程度のリスク管理もできるのです。それは毎月定額の投資を行うことです。そしたら「安い時にはたくさん買えて、高い時は少なく買う」を行うことで評価額が平均化されます。

であるとき高騰した時に売ることができれば利益が出やすいのです。もちろん運用するファンドはプロ集団なので運用方法は的確に行います。リスクを背負う覚悟があるならおすすめな投資方法です。

 - 投資信託購入体験談