【実践】必ず知って欲しい王道の積立投資術の考え方とは

      2016/03/18

積立投資とはどういうことか

積立投資とは、毎月一定額をコツコツ積み立てることを言います。
ただし、積立投資をただそういう意味だけで捉えるのはちょっと違います。
積立投資はちゃんとした目的があってこその投資法です。

ここでは本当に意味のある積立投資法をご紹介します。
必ず役に立つ考え方なのでぜひ活用してください!

積立投資をどう考えるか?

積立投資はあなたのこれからの人生プランに合わせて行うものです。
ただテキトーに積み立てていくわけでなく、計画性を持ってやるべき投資法です。

投資に目覚めたあなたは、
なんのために投資を始めようと思ったのでしょうか?
家庭を持ってる人なら、家族のため子供のために将来必要なお金としてしっかり残しておくために資産運用したいと思ったのではないですか?

積立で一番分かりやすいのは
子供の教育資金の積立です。

生まれてきた赤ちゃんを大学に通わせたいので、
大学でかかるお金を生まれたときから積み立てていくことが多いです。

大学入学から卒業までに平均約500万かかるようです。
これだけのお金を入学のタイミングでポンと出せる家庭は多くありません。

だから時間をかけて積み立てていってそのための資金を確保しておこうというわけです。

どんな方法で積み立てていくか?

積立方法にはいくつかあります。
・定期預金に毎月積み立てる方法
・投資信託で積み立てる方法

どの方法が一番良いか?って発想で考えるのではありません。
そうやて考えるのがそもそも間違っているという話になります。

順に説明していきます。

まず、何のための積立なのかを決める

最初に積み立てる目的をハッキリさせます。

たとえば、積立の目的が「マイカーの購入」とします。
家族5人でゆったり乗れる家族車を400万の予算で積立するとします。
(大体の家庭は車ローンを利用すると思いますがここは現金払いを前提してます)

積立のゴール地点を決める

Goalこのときに出費の時期(積立ゴール)も決めます。
「マイカーを3年後に買う」という感じです。

”車の資金400万を3年後までに貯める”
という目標(ゴール)が設定されました。

みなさんもこんな感じで設定してください。

400万を3年で貯めるのにいくら積立てる必要があるか調べる

まずは単純に3年間で400万貯めるには毎月いくらの積立が必要か調べます

割り算で出せます。
400÷36ヶ月=11万

毎月11万の積立をすれば3年後に400万貯まるとわかりました。

「じゃあ、毎月11万積立すればいいんだね!」

いえ、違います。
むしろ車のために毎月11万積み立てられる家庭はほぼありません。

ここからが積立投資の考え方の大事なところです!

現実的なラインでいくら積み立てられるか考える

自分の収入から考えて毎月どれだけ積立に回せるかを決めるのです。

先の車の例だと、毎月11万で400万に到達しますが、そんなの払える人はあまりいません。

なので世帯収入から見て、現実的なラインで毎月積立額を見積もります

たとえば、毎月30万の収入があって、いろいろな固定費やらを差し引いて残ったお金から
毎月4万円積立できそうだな、とします。

年間で48万円の積立にすることを決めました。

さきほど3年で400万という”ゴール”を決めましたが、
ゴールがあればスタートもなくてはいけません。

年間で48万の積立が”スタート”になります。

足りない7万円はどうするのか?

400万のマイカーを3年で貯めるのに毎月11万積み立てないといけないのに、4万だったら7万円も足りないジャン!となります。

足りないから無理して積立額を増やすことはしないでください。

では7万円をどう埋め合わせするか?
結論から言うと
この7万円を資産運用でまかなうということになります

さっきスタートとゴールを決めましたが、
なんでこんなことをしたかというと
「必要となるリターンがわかるから」です。

スタートとゴールがわかると、
年間何%の利益を出していけばゴールに到達できるかが目に見えてわかる
んです!

これをみなさん自身の状況に合わせて知ることが非常に大切です。

さっきの例で言うと、年間48万積立だと3年で144万にしかならず、256万足りません。

不足分を埋めるのに年間どの程度の利回りが必要か調べる

この256万を資産運用でまかなうわけですが、
年間どのくらいの利回りが必要かを計算します。

計算にはコチラのサイトが一番使えます。自動計算システムがあるので便利です。
資産運用は複利運用が最も効率的なので複利を前提に考えてます。(複利運用とは?
上記計算サイトも複利運用で計算されてます。

さっきのマイカー例で計算したところ、
毎年79%のリターンが必要とわかりました。

これを知ることが積立投資において最も重要なことで
これが理解できれば積立投資のプロといってもいいです。
友達に資産運用アドバイスだってできます。

最適な資産運用が自分で判断できることこそ一番のメリット

あとは、79%リターンが可能な投資をすればいいだけです。
そうすればおのずと「銀行預金では無理だな」とわかります。

かなりハイリターンな投資をしなきゃいけないこともわかります。
一方で、この積立計画がかなり無謀で実現性が低いものであることも自分で判断できるはずです。

このページで紹介してきたやり方のよいところは自分でどういう投資をしていけばいいのか判断できるようになることです。

自分の収入ではこの計画は無理だから「4年後に300万の車を買うか」と計画変更することも可能ですね。

自分で判断するとはこういうことです。
ただなんとなく感覚で決めるものではなく、数値に基づいた判断ですね。

これができると投資がより身近に思えるのではないでしょうか。

 - 投資信託積立