アクティブファンドは本当に儲かるのか

      2016/03/18

アクティブファンドは本当に優秀なのか

1308114top投資信託にはインデックスファンドとアクティブファンドがあるのはご存知かと思います。

インデックスファンドはベンチマークに近いパフォーマンスを追求するのに対してアクティブファンドは運用会社に所属するファンドマネージャーの手腕によって市場平均以上の成果を求めます。

こうして両者を比べてみるとアクティブファンドの方がより自分の資産を大きく増やしてくれるのではないかと思う人が多いでしょう。

しかし実際にはアクティブファンドの方がコストが高く、そのコスト分の元を取るのが大変なのが現状です。

好不調の波が激しいアクティブファンド

運用成果をとってもアクティブファンドは好不調の波が激しく利益を伸ばせる時はインデックスファンドよりも優秀かもしれませんが、一度相場が低迷するとアクティブファンドも利益をプラスにすることが難しくなります。

損失を出したとしても手数料が安くなるわけではありません。アクティブファンド特有の高い手数料はそのまま取られるのです。

実際にアクティブファンドが複数年運用続けた場合、長期にわたって利益を上げ続けているファンドはほとんどありません。

アクティブファンドといえど利益を出し続けるのがいかに難しいかということがわかると思います。

何が言いたいかと言うと、アクティブファンドはその種類によって運用結果が天と地ほどの差があるということで、だからこそその投資信託の情報開示は明確に幅広くなされていなければいけないということです。

日本のディスクロージャー制度は非常に受身的です。さまざまな情報が必要とされるアクティブファンドでもそのような不透明な情報開示では心もとないということなのです。

 - 未分類