国際的な分散投資を個人投資家がするには

   

1つの国の景気動向を把握することは困難であることから、資産運用はいろいろな地域のいろいろな資産クラスに分散投資することが基本である事はすでに言いました。

しかしながら日本のネット証券を通じて海外の株式を買う事はそう簡単なものではありません。アメリカの株式を買うにしても情報が少なすぎますし、売買手数料も日本の株式を買うよりもだいぶ高いので敷居が高いのです。

そこでそのような状況下でも海外の資産クラスに投資をするにはどうすればいいのでしょうか。1番手っ取り早いのはやはり投資信託を除いて他にないでしょう。

効率的に資産運用進めていくには、景気の波をある程度予測した上での積極的なポートフォリオ構築が大切だということを言いました。

ですから海外の株式や債券を組み込んだ投資信託を買えば後はほったらかしで良いという考えは良くありません。いついかなる時も自分自身で景気動向を先読みして最適と思われる資産を利用していかなければいけません。

そういう意味では買った後にすぐ売却できるような機動性のある投資商品を買う方が良いといえます。投資信託は中には買付手数料が高いものや信託報酬が高いものだったりと買ったり売ったりするのがコストがかかるものが多いです。
積極的にポートフォリオを変化させていくには若干フットワークが重いのです。

そこで投資信託の機能を保ったまま市場的に売り買いできるetfという商品が今注目を集めています。Etfは上場投資信託と呼ばれ、株式市場が空いている時間帯に自由に売り買いすることできます。もちろん株式と同じように指値や成り行きでの注文が可能ですし、信用取引も行きます。
株の場合は、 1株、 100株といった数え方をしますがetfの場合は1口、10口といった言い方をします。

 - 投資信託購入体験談